掲示板

資料請求・説明会に申し込む

骨?筋肉?…神経系も学ぶともっとおもしろい!

神経支配 カイロプラクティック 学校骨、筋肉の名前を覚えるのだけでも大変なのに、神経って難しいでしょ!?

 

 

いえ、難しくないです。

 

 

確かに、最初は骨や筋肉の名前を覚えるのって難しく感じます。

ただ、まとめて覚えれば逆に勉強しやすいです。

 

 

アドバンスカイロプラクティックスクールでは神経学の授業もあり、

一般の整体学校では習わないような内容も含んでいます。

 

 

とはいっても、習う内容が増えれば、本当に修得できるのか・・・

不安と感じる方もいらっしゃると思いますので

難しくない理由をお伝えします。

 

 

 

骨、筋肉…さらに神経まで覚えられる理由とは!?

 

 

 

一般的な整体スクールの場合

 

・骨や筋肉は教科書や模型で覚える

・起始・停止(簡単に言うと、筋肉の両端)を暗記する勉強スタイル

・現場実習がないのでリアルに筋肉や骨に触れない

 

 

このような授業形式が一般的ですが、

 

 

アドバンスカイロプラクティックスクールの場合

 

・骨、筋肉、神経と別々に覚えるのではなくそれらのつながりを勉強していくので芋づる式に覚えやすい

・起始・停止をただ暗記するではなく、神経支配、作用まで覚えるのでイメージしながら覚えられる

・現場実習で実際に歪んでいる人や筋肉が緊張して固くなっている人を触ることができる

 

 

学ぶ量が増えて大変だと思ってしまいますが、

どうせ骨や筋肉を覚えるなら暗記ではなく、触れながらついでに神経支配や作用まで一気に覚えてしまおうっていうことです。

 

 

では、簡単に神経系の働きについて説明します。

 

 

 

誰でもわかる神経系の働きとは!?

 

 

 

私たちは、日常で何気なく筋肉を働かせています。

筋肉には身体を支える支持機能と身体を動かす運動機能があります。

 

 

これらの機能を働かせるためには命令が必要です。

その命令は脳から伝達する場合と、筋肉自体の反射の場合があります。

 

 

この命令を伝えているのが神経です。

筋肉は神経が支配しているといっても過言ではないです。

 

 

 

特に、知っておいてほしい神経の働きは、この2つです。

 

 

 

1、伸張反射

 

筋肉は急激に強く引き伸ばされると、

その変化を筋肉の中にある受容器(センサーのようなイメージ)が感知して、

その情報が制御器(脊髄の運動ニューロン)へ伝達されます。

 

 

その制御器は、それ以上に筋肉が伸ばされて障害が起きないように筋繊維に対して

反射的に筋肉を収縮させる生理作用があります。

これを伸張反射といいます。

 

 

拮抗筋 カイロプラクティック2、相反性神経支配

 

ある筋肉が緊張(収縮)しているとき、それと反対の働きをする筋肉(拮抗筋)は

リラックスするように神経が調整します。

これを相反性神経支配といいます。

 
ストレッチ 拮抗筋たとえば、上腕二頭筋をストレッチしたいなら、右図のように

反対の働きをする筋肉である上腕三頭筋を収縮させると、

上腕二頭筋の筋肉はよりリラックスすることになるわけです。

 

 

このように神経も一緒に学んでいくと、

より深く骨や筋肉について理解することができます。

筋肉の名前や場所を覚えることは大切ですが、

働き(作用)も一緒に覚えることが整体師・カイロプラクターにとって大切です。

 

 

さらに、

芋づる式で勉強できて、どんどん覚えて、もっと楽しくマスターできます。

どうすれば身体のゆがみがとれて、

筋肉がゆるんで、痛みが取れるか、

これが理解できるようになります。

 

 

逆に、神経系を学んでいなければ、骨や筋肉については、触ることはできても、

リラクゼーションやマニュアル的なマッサージになってしまうことでしょう。

 

 

一般的なマッサージや整体とカイロプラクティックの違いはここですね。

なぜ、レントゲン分析を学ぶ必要があるのか?

カイロプラクティックにレントゲンは必要か?

 

 

カイロプラクティックではレントゲン撮影をして検査(分析)する方法があります。

 

 

メリットは、

 

 

骨のズレが正確にわかることはもちろん、

触診(手だけで行う検査)だけではわからない骨の奇形や変形などもカバーできます。

 

 

カイロプラクティック独特のレントゲン撮影法でレントゲン撮影を行い、

レントゲン分析で骨のズレを調べ、矯正方向や角度を調べます。

 

 

ここまで聞くと、レントゲンは必須項目だと思いませんか?

 

 

アドバンスカイロプラクティックスクールのカリキュラムには

レントゲンの授業も組み込まれています。

 

 

しかし、レントゲン分析ができないと

カイロプラクティックをしてはいけないということではありません。

 

 

日本ではレントゲンの撮影は医者でないとできません。

 

 

レントゲン分析を行っているカイロプラクティック院が

少ない理由の一つとなっています。

 

 

レントゲンを撮影するためには病院に行って

撮ってきてもらわないといけないのです。

 

 

このハードルが日本では高いんですよね。

 

 

もちろん、レントゲン分析がすべてではありません。

カイロプラクティックでは骨のズレだけでなく、

関節の可動性も重視しています。

 

 

カイロプラクティックは骨を媒体として

関節やそれに関わる神経を施術しているのであって、

決してズレを直しているわけではありません。

 

 

骨の位置的なズレというよりも関節の機能である動きの異常、

すなわち可動性の喪失又は過剰であると考えるべきなのです。

 

 

カイロプラクティックの発端はズレの矯正であったのですが、

数十年前からは関節のズレよりも、

その可動性を重要視する方向に変化してきました。

 

 

関節の動きをしっかり検査することで、矯正方向が決まります。

 

 

結論を申しますと、

 

 

✔レントゲン撮影は骨の奇形や変形を判断するうえで重要な検査ですが、

日本ではレントゲン撮影は自由に行えない。

 

 

✔カイロプラクティックは関節の可動性が重視され、

可動性についてはレントゲンでは判断できない。

 

 

アドバンスカイロプラクティックスクールではレントゲンの科目も

カリキュラムもいれておりますのでレントゲン分析と手技の

どちらも学べるスクールになっています。

 

カイロプラクティックを基礎から応用まで学びたい方へ

カイロプラクティックに興味があり、

基礎から応用まで学びたいと思っている方必見です。

 

カイロプラクティックの学校は数か月で学ぶ短期型スクールと

3年以上の期間学ぶ長期型スクールがあります。

 

 

どちらがより詳しく学べるか・・・

それは当然ですが、長期型スクールです。

 

 

カイロプラクティックに興味はあるけれど、

3年は・・・という方もたくさんいらっしゃると思います。

 

 

かと言って、数か月間で修得できるような短期型スクールでは、

「本当に詳しく学べるのか?」心配になります。

 

 

短期型のスクールでも

数十万円から数百万円の授業料はかかります。

 

 

カイロプラクティックはアメリカでは、

米国政府認定のカイロプラクティック教育評議会(CCE)の

4年制の大学でカイロプラクティク課程を3~4年間学び、

学士号を取得すれば、D.C学位課程の

カイロプラクティックの専門大学の入学が許可されます。

 

 

そしてカイロプラクティック専門の大学で

約4200時間(4年間)の教育を受けて卒業すれば

ドクターオブカイロプラクティック(Doctor Of Chiropractic)の

学位を修得することができます。

 

 

しかし、これでもまだアメリカで開業することはできないのです。

 

 

その後、米国カイロプラクティックの4つの国家試験に合格し、

さらに開業する州の開業試験に合格し、

州政府から免許を受けなければならないのです。

 

 

免許がなければ、

たとえドクターオブカイロプラクティックの学位を取得していても、

カイロプラクティックで開業してはならないのです。

 

 

膨大な期間と費用がかかります。

 

 

では、日本では短期型スクールは「ダメ」で、

長期型スクールは「良い」のか?といえばそうでもありません。

 

 

確かに、アメリカのカイロプラクティックの修業年数からすれば、

日本では短すぎるといえるでしょう。

 

 

ただ、アメリカでは、カイロプラクティックは「ドクター」の扱いで、

日本ではドクターではありません。

 

 

日本で「ドクター」として開業するのであれば、

アメリカと同等のカリキュラムでないといけないのは

おわかりいただけたと思います。

 

 

しかし、日本のカイロプラクティックは民間資格で

「医療行為」もできないし、してはいけません。

 

 

ドクターでないカイロプラクティックなら、

アメリカと同等のカリキュラムで学ぶ必要もメリットもないでしょう。

 

 

あまりに短期すぎるスクールでは何も学べないとは思いますが、

長期間学ぶスクールが良いとも限りません。

 

 

基礎から応用までしっかり学びたい!

カイロプラクティックにとても興味がある!

カイロプラクティックで開業したい!

 

 

こんな方は、アドバンスカイロプラクティックスクールであなたのお力になれるでしょう。

 

 

「ストレート」 「ミキサー」って何?

カイロプラクティックっていまいちよくわからない?

って思われる方が多いのは、

 

 

カイロプラクティックの中にいくつもの手技、

テクニックが存在するからです。

 

 

「カイロプラクティック」って看板に書いてあるところに

いくつか施術を受けに行ってみると、

それぞれで施術内容がまったく違う。

 

 

あるところでは、

「ボキボキは危ないから一切しません。」

というところもあれば、

 

 

「骨格矯正なのでボキボキと音がします。」

などと、様々である。

 

 

さらには、ベッドの種類が違う場合もある。

 

 

「ガッシャーン!」と音がするベッドを使うところもあれば、

普通の平らなベッドもあるし、

変わった枕や器具を使うところもあります。

 

 

これでは、カイロプラクティックを

全く知らない人にとっては

区別がつかないのは当然です。

 

 

昔からカイロプラクティックの手技には、大きく分けて

「ストレート派」と「ミキサー派」とがあり、

その手技の対立がカイロプラクターの間でずっと続いていました。

 

 

カイロプラクター同士の派閥みたいなものです。

 

 

その“違い”って何でしょうか?

 

 

「ストレート派」は、

 

真のカイロプラクティックとは、

「手のみ」「脊椎のみ」のやり方を実践する方法で、

どんな症状でも脊椎のみ手技のみで

施術することとしています。

 

 

診断は避け、脊椎のサブラクセーションだけを調べて、

そのサブラクセーションだけを取り除いて

身体の内なる力である「自然治癒力」に任せて

回復を待つものとされています。

 

 

「ミキサー派」は、

 

カイロプラクティックの実践範囲をもっと幅広いものとみなし、

脊椎の生体力学的欠陥を調べると同時に、

より包括的な診断方法を用いて

相手の生理的状態を判断します。

 

理学療法と栄養補給を手技の補助として用います。

 

 

現在でも、アメリカやカナダなどでは

大部分の病気を処置すると診断が求められています。

 

 

日本では、カイロプラクティックが国家資格ではないため、

病気を治す行為はもちろん、

病気を診断することも医者以外はできません。

 

 

サブラクセーションだけを探し、

サブラクセーションを取り除き、

健康に導くサポートをするのが

日本におけるカイロプラクターの役割となっています。

 

カイロプラクティック 好転反応について

好転反応って言葉を聞いたことありますか?

 

 

カイロプラクティックの施術後は、この好転反応がまれに起こる場合があります。

 

 

カイロプラクティックの矯正を行うと、今まで滞っていた脳からの神経伝達が活発になり、自分自身の身体の中で低下していた「治そうとする力」が高まります。

 

 

これが、自然治癒力と呼ばれる人間が本来持っている力です。

 

 

好転反応とは、今まで滞っていた神経の流れなどが良くなり始める時に起こる身体の自然な反応です。

 

 

カイロプラクティックの施術が初めての方は特に、この好転反応が強く出てしまう場合がまれにありますが、効果の現れの兆しなので心配はいりません。

 

 

ほとんどの場合、1,2日で治まります。

 

 

ではどういう反応が現れるか?

 

 

身体がぽかぽかしてきたり、

身体がだるくなったり、

ボーっとしてきたり、

痛みが移動したり、

 

 

本来の症状と別の症状が現れます。

 

 

好転反応を和らげるために、以下の方法でアドバイスします。

 

 

施術後は、

 

 

・飲酒を控える

・激しい運動はしない

・長風呂は避ける

 

 

マッサージを受けたり、電気治療などを受けることもよくありません。

 

 

安静に過ごしていただくことで和らげることができます。

 

 

この好転反応の説明を必ずお客様に説明しなければいけません。

 

 

何回もする必要はないですが初めての方は特に、

説明しておかないと施術後に不安な気持ちにさせてしまうかもしれません。

 

 

効果の現れの兆しであるため、決して悪い反応ではありませんが、

説明を怠ると逆に「悪くなった」「痛くなった」と誤解されてしまいますので、

きっちり現場研修でシミュレーションしましょう。

 

 

カイロプラクティック 通信教育で学ぶメリットとデメリット

カイロプラクティックが学校で学ぶのが基本ですが、通信教育、通信制で学ぶという選択肢もあります。

 

 

カイロプラクティックの通信教育・通信制とは?

 

 

カイロプラクティックを通信教育で学ぶには、通信教材が自宅に届きます。

 

 

学科科目では、通信教材の本を読んだり、問題を解いたりして身体の仕組みなどを学びます。

 

 

定期的に添削してもらえるところもあります。

 

 

実技に関してはDVD教材が一般的でDVDを見ながら、自宅などで練習します。

 

 

全部、修了したら修了証がもらえて、そのままその通信教育の団体の資格として発行されるところもあるでしょう。

 

 

カイロプラクティックはすでにご存知かと思いますが、アメリカなどの諸外国ではドクターと称されるほどの難易度の高いテクニックです。

 

 

日本では民間資格なので、「何年学ばないといけない」という決まりはないですが、やはり通信教育だけではカイロプラクティックを修得することは不可能です。

 

 

自己流で行うと、相手にけがをさせてしまう恐れもありますので、通信教育を受けられた方も、再度スクールで学ぶことをお勧めします。

 

 

通信教育のメリットとは?

 

✔費用が安い。

✔学校が遠くて通えなくても、自宅で学習できる

 

 

通信教育のデメリットとは?

 

 

✔わからないところをすぐに質問できない

独立開業が目的なら不向きである

✔技術の質がスクール卒業生と比べると劣る

 

 

こんな方に向いています!

 

 

✔カイロプラクティックがいまいち、わからないのでまずは試してみる

✔カイロプラクティックを学ぶべきかどうかまだ迷っている

 

 

アドバンスカイロプラクティックスクールでは、入学されても30日間は返金保証がついています。

 

他の学校では一度入学すると返金されないところがほとんどなので、安心して学校に入学できますね。

カイロプラクティック 資格について

カイロプラクティックの資格って?

 

 

カイロプラクティックの資格は整体・エステ・リラクゼーション・アロマ同様に、日本では民間資格になります。

 

 

アメリカなどの諸外国では国家資格であっても日本ではあくまで民間資格なのです。

 

 

民間資格とはカイロプラクティックの各学校が発行する認定証(資格)になります。

 

 

認定証(資格)カイロプラクティックの個々の学校がそれぞれ発行するものなので、国が認めたものではなく、「学校が認めたもの」になります。

 

 

よく、「国家資格などの鍼灸師やマッサージ師、柔道整復師」などの医療系の国家資格を取得した方が良いという方もいますが、

 

 

カイロプラクティックとそれら医療系国家資格とは内容が全く別物です。

 

 

カイロプラクティックを学びたいのであれば、やはりカイロプラクティックを勉強する必要があります。

 

 

それが、アメリカなど海外で学ぶかどうかは本人次第ですが、日本では「民間資格」なのでアメリカで国家資格をとってもメリットは薄いでしょう。

 

 

日本でカイロプラクティックの資格を取得することは簡単です。

 

 

驚くほど、短期のカイロプラクティック学校やセミナーなどたくさんあります。

 

 

でもよく考えてください。

 

 

いくら民間資格だからといっても、

いくら簡単に資格が取れるところがあるといっても、

 

 

それだけで選んでいては、お客様に満足されるせじゅつはできません。

 

 

お客様は資格があるかどうかも判断される基準かもしれませんが、

 

 

良くなるかならないか、

うまいか下手か、

治るか治らないか、

 

 

ズバリ、これで判断されるんです。

 

 

カイロプラクティックの資格を取ることが目的なら、あなたには向いていません。

 

 

しかし、

 

 

「カイロプラクティックの資格を取得して、高い技術を身につけてお客様に喜んでもらいたい!」

 

 

このようにお考えであれば、あなたは立派なカイロプラクターになれますよ!

 

 

 

 

整形外科テストとは?

カイロプラクティックを学ぶ上で、重要な検査がある。

 

「整形外科テスト」である。

 

整形外科ってカイロプラクティックと関係があるの?って思われるかもしれません。

 

 

整形外科テストとは、構造的にまたは器質的病変を見抜くための検査の代表です。

 

 

MRIやCTスキャンなどの画像検査が一般的になり、整形外科テストの重要度は低くなっているかもしれません。

 

 

しかし、日本では医師以外は画像検査をおこなうことができないのです。

 

 

だからこそ、整形外科テストはカイロプラクターや柔道整復師、理学療法士にとってはかかせない重要な検査です。

 

特にカイロプラクティックの短期の学校では、この整形外科テストの授業カリキュラムが組まれていないことが少なくありません。

 

短期すぎる学校、または授業料が理由もなく安い場合は、「整形外科テスト」を確認しておいてください。

 

マッサージや整体、カイロプラクティック、整骨院も含め、2013年は施術事故、消費者センターへの問い合わせが過去最高だったようです。

 

 

今後ますます、安全性が重視されます。

 

 

あなたがしっかりカイロプラクティックや整体を学びたいのであれば信頼できるカイロプラクティック学校を選んでください。

 

カンパンセーション

カンパンセーションってご存知ですか?

 

これはカイロプラクティックに用いられる用語で、整体では一般的にカンパンセーションの存在すら知らないことが多いです。

 

これが、整体とカイロプラクティックの大きな違いと言っても過言ではありません。

 

では、カンパンセーションとは何か?

 

椎骨(背骨)のゆがみ(不整列)には、2通りの形があるとカイロプラクティックでは教えている。

 

一つは、サブラクセーションであり、もう一つは偽りのサブラクセーションというもので、一見サブラクセーションのように見える椎骨の変位のことです。

 

実際には、ある部位の椎骨がサブラクセーションを起こした時、ゆがんでくる身体のアンバランスを修正しようとする体の適応力の働きにより、サブラクセーションに関連のある椎骨にゆがみが生じる現象です。

 

つまり、ゆがんだ椎骨のアンバランスを補うために、他の椎骨がゆがんでしまうことです。

 

これを「代償作用」といいます。

 

このようにして起こった椎骨の変位をカンパンセーション(Compensation)と呼びます。

 

カンパンセーションが「代償作用」であれば、ゆがむべくしてゆがんだ骨ではないので、矯正してはいけないことになります。

 

この考えは整体にはないので、矯正してはいけない(動かしてはいけない)椎骨まで動かしてしまい、かえって全身のバランスを崩してしまう恐れもあるのです。(勿論、すべての整体がそうとは言えませんが・・・)

 

カンパンセーションを触診(スタティックパルペーション)だけでは判別は難しいですが、モーションパルペーションを用いるとそれが容易にできるようになります。

 

こういった内容は、一般的な整体スクールでは学ばないのでしっかり触診技術が学べるところでなければなかなか技術は上達しません。

 

カリキュラムをしっかり見る必要がありますね。

 

アジャストメント

カイロプラクティックでは、矯正すること=アジャストメント(アジャスト)と言います。

 

このアジャストメントは、サブラクセーションに対して瞬間的にインパクト(衝撃)を与えるものです。

 

しかし、瞬間的にインパクトを与えるアジャストメントは危険だとも言われています。

 

「瞬間的=スピード」が必要。

 

正しく学ばないと、スピードを加えた矯正は必要以上の力で押してしまったり、乱暴な矯正になってしまいます。

 

これでは逆に身体に負担を与えてしまう恐れがあります。

 

最近のカイロプラクティックの学校では、

  • 危ないから・・・しない。
  • アジャストはしなくても治る。
  • ボキボキみたいな危険なことはしない。
  • ソフトカイロなので安心。

というところが増えていると聞きます。

 

つまり、アジャストメント(矯正)を教えない学校が少なくはないのです。

 

しかし、

これって、本当に安心でしょうか?
アジャストメントはカイロプラクティックの施術では非常に重要で、正しく修得すれば高い効果も期待できます。

 

「危ない」というのは、アジャストメントの使い方が悪いだけであって

正しく修得すれば決して危ない矯正ではありません。

 

カイロプラクティックを修得したい方は、アジャストメントを危ないからと言って教えない学校ではなく、

危なくないように指導しているカイロプラクティックスクールで習得することをお勧めいたします。

 

アジャストメント(矯正)をする、しないは自由ですが、

 

「できるけどしない」と「できないからしない」では大きな差があります。

 

カイロプラクティックを学びたいという意志が強い方なら「できる」「学べる」スクールを選んでください。