掲示板

資料請求・説明会に申し込む

腰痛と脊柱管狭窄症の違い

整体と整骨の違い脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアと一般的な腰痛との症状の違いはなにか。

 

背骨の老化現象によって起こる変形性脊椎症は

動き始めに痛みが強く出るのが特徴で、

腰痛が主症状で足の症状はありません。

 

足のしびれや痛みを伴うのは、

椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症です。

 

椎間板ヘルニアは、脊柱管内に飛び出した椎間板組織が

症状の主因である場合で、どちらかというと若い人に起こりやすく、

前にかがむと腰が痛みます。

 

ヘルニア組織の大半は自然に縮小し、

神経の圧迫が軽くなることが分かっています。

 

腰部脊柱管狭窄症は高齢者に多く見られ、

狭くなった脊柱管は自然に改善することはなく、

ヘルニアと異なり前にかがむと痛みが改善するのが特徴です。

 

腰の違和感が強くなり、施術をしていても、

腰痛が3週間も続くようなら、一度整形外科に行くことを勧めましょう。

 

レントゲンを撮って、状態を確認した方がいいでしょう。

 

施術方法が間違っていると状態を悪くしてしまうことがあります。

 

特に、長く立っていたり、歩くのが辛い、20~30分が歩きにくくなったり、

歩けなくなってきたら、脊柱管狭窄症を疑いましょう。

 

安静にしていても痛い時、夜間も痛む時や夜間の頻尿、

歩いている時の催尿感などの症状がある場合は

すぐに整形外科を受診するようにすすめましょう。

 

 

どんな検査が必要か

 

 

腰部脊柱管狭窄症は、問診と身体所見、

神経反射や知覚異常の有無、筋力などを

調べることで診断がつきます。

 

症状の現れる部位によって、

どの神経が障害されているかも推測することができます。

 

会陰部に異常感はないか、

排尿・排便障害はないか、

間欠跛行も診断の決め手になります。

 

そのうえで、確認のために画像検査を行います。

 

レントゲン写真では骨の形を、CTでは水平断面上での骨の状態、

MRIでは、椎間板や神経の状態を詳しくみることができます。

 

もっと詳しく調べるときは造影剤を注入しての検査も行います。

 

ただし、画像検査で異常が見つかっても、

必ずしも症状があるとは限りません。

 

その他、下肢の血行障害との鑑別のための検査もよく行います。

 

 

治療法は大きく分けて、保存療法と手術療法の2つがあり、重症の場合を除き保存療法から始めます

 

 

保存療法には薬物療法、理学療法、運動療法、神経ブロック療法があります。

 

「薬物療法」

 

✔︎消炎鎮痛薬

 

痛み止めで、貼付薬、外用薬、内服薬などの種類があります。内服薬は長い間飲み続けると胃腸障害を引き起こすこともあります。

 

✔︎筋弛緩薬

 

痛いと筋肉が反射的に収縮して凝った状態になり、それが長く続くと痛みも強くなります。

 

筋弛緩薬はその筋肉の緊張を和らげるお薬です。

 

✔︎ビタミンB12

 

末梢の神経障害を改善するお薬です。

 

✔︎プロスタグランジンE1製剤

 

神経に伴走する血管の血流を良くするお薬です。

 

間欠跛行やしびれに効果があることが、証明されています。

 

「理学療法」

 

牽引(けんいん)療法(通院で行う電動式の間欠牽引、入院で行う持続牽引)と、マイクロ波などによる温熱療法(ホットパック療法)、血液循環をよくする超音波療法、筋肉のマッサージや体操療法などがあります。

 

いずれも、腰痛が軽くなると感じることが多い治療法ですが、症状が悪化したり、改善しない場合は中止してください。

 

「運動療法」

 

腹筋や大殿筋(お尻の筋肉)など、体の表面の筋肉を鍛える運動と、腸腰筋などからだの中心に近い所の筋肉を鍛えるものとがあります。

 

骨を支える筋肉を鍛えることで痛みを軽くする治療法です。

 

「神経ブロック療法」

 

神経の痛む場所に局所麻酔薬を注入し、神経を麻痺させて痛みをとる方法です。

 

脊柱管内の硬膜の外側に注入する硬膜外ブロックと神経根という神経に注入する神経根ブロックがあります。

 

薬物療法で効果が得られない場合、痛みが強い場合などに実施します。

 

(神経ブロック注射を打っても痛みが消えない場合は、原因が神経にないということになります。)

 

治療だけでなく、診断の役割も果たします。

 

神経根ブロックは、うつぶせになった状態でレントゲン透視を行い、部位と方向を確認しながら、腰椎から分岐する神経根に注射をします。

 

 

腰部脊柱管狭窄症の手術はどのような手術か

 

 

狭くなった脊柱管を広げるには、手術しか方法はありませんが、

症状がそれほどひどくなく、

排尿障害が出ていなければあわてることはありません。

 

保存療法で一向に効果がない場合、痛みがひどい、

歩行障害、麻痺が強くて日常生活や仕事に支障がある場合などには、

医師と十分に相談をしたうえで手術を選択するといいでしょう。

 

もちろんご本人が希望された場合に手術になります。

 

手術の方法は、椎弓を部分的に削ったり(開窓術)、

場合によっては全部除去します(椎弓切除術)。

 

そして神経を圧迫している骨や

肥厚した靭帯を削り取って神経の圧迫をなくします。

 

複数の腰椎にまたがって狭窄があり、

椎弓をいくつも取り除かなくてはならない場合もあります。

 

腰椎の安定が悪い場合は、

本人の骨盤から採取した骨を腰椎に移植して金属で固定したり、

チタン製インプラントで腰椎を補強することもあります(脊椎固定術)。

 

手術の結果は、手術で圧迫を取り除くことにより、

障害されていた神経の働きが元通りの正常な状態に戻る力を持っていなければ、

しびれなどの症状が残ってしまいます。

 

さらに、手術をしても、年齢を重ねていくうちに再発する可能性もゼロではありません。
比較的若い人は、症状があまり進まないうちに

手術をしたほうがいい場合もあります。

 

狭窄している場所の数が少なければ、

内視鏡で行うこともあります(MEL法)。

 

手術時間は1ヵ所1時間くらい。脊柱管の狭窄が広範囲であったり、

分離やすべりを伴う場合は、通常法で行うのが普通です。

 

脊柱管狭窄症と知っていても、症状が軽い場合、

安易に施術を行う整体師もいますが、注意が必要です。

 

脊柱管狭窄症は怖い疾患なので、参考にしてください。

意外と知らない腰椎椎間板ヘルニアの知識と施術法

ぎっくり腰 腰痛腰痛。

 

一言でいうと簡単ですが、腰痛には種類があり、

軽度なものから重度のものまで存在します。

 

今回、腰痛の中の腰椎椎間板ヘルニアの話をさせていただきます。

 

ぎっくり腰が症状名に対し、椎間板ヘルニアは病名です。

 

立派な病気ということです。

 

腰痛の痛みと共に、神経が圧迫されることによる痺れも同時に起こります。

 

椎間板ヘルニアは腰痛と違い、腰椎椎間板が突き出ていて、

脊髄中枢神経や末梢神経が圧迫されている状態です。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの椎間板とは

 

 

椎間板は24個の脊椎〔頚椎〜腰椎〕の間にある

クッションの役割をしているもので、

背骨にかかる負荷を軽くしています。

 

構造については中心に髄核があり、

髄核を包み込むように繊維輪軟骨があります。

 

椎間板全体が負荷を軽くしているのではなく、

中心にある髄核がクッションの役割をし、

繊維輪軟骨が髄核を保護している形になります。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアのヘルニアとは

 

 

椎間板ヘルニアは、上記の椎間板がヘルニアを起こすと言うことです。

 

ヘルニアとは、突出した状態のことを指します。

 

ですから、椎間板ヘルニアは椎間板が突出してしまった状態のことを言います。

 

 

椎間板ヘルニアとは…

 

 

椎間板ヘルニアには痺れがつきものです。

 

ヘルニアの状態にある椎間板が、

脊椎の神経を圧迫するために痺れが起こります。

 

痺れの範囲は神経が圧迫されている部分によって異なります。

 

脊髄の神経には、背骨を横断する脊髄中枢神経という太い神経と、

脊髄中枢神経から枝分かれして、

身体の各末梢に走っている抹消神経があります。

 

斜め方向にヘルニアが起こり、左右の末梢神経のどちらかを圧迫した場合には、

その末梢神経が支配している方向の部分が痺れます。

 

痺れの範囲は、ヘルニアが接触する程度が低いと

臀部や太ももに痺れが出ます。

 

痺れは末梢〔指先〕にいけばいくほど、

状態は悪いと思ってください。

 

状態が改善するのに時間が掛かります。

 

ヘルニアは身体の片側に痺れが出ることが多いです。

 

身体の両側に出ると脳・脊髄に問題がある可能性があるので、

注意してください。

 

ヘルニアはどんな痛みが出るか…

 

 

椎間板ヘルニアになると、ぎっくり腰のような激しい腰痛と、

ヘルニアによる下半身の痺れが同時に起こります。

 

ヘルニア症状は身体の中で起こっていることですから

自分で対処のしようがありませんが、

腰痛に対してはある程度抑えることができます。

 

痛みがある時に動く時は患部をコルセットで固定して、

負担を掛けないように。

 

よく、コルセットをすると癖になると言いますが、

癖にはならないです。

 

ただ、1日中コルセットをしていると筋力が低下するので、

家にいる時や就寝時には外すといったメリハリをつけましょう。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの施術方法…

 

 

発症してから3日は動かないようにして絶対安静を心がけ、

筋肉の炎症を抑えるために、

その間は患部〔痛めている部分〕を冷やしましょう。

 

炎症を起こしている間は患部を温めてはいけませんので、

入浴は控えなければいけません。

 

3日が経過して痛みが和らいできたら、

冷やすのをやめましょう。

 

そして、固まった筋肉を緩めましょう。

 

筋肉を緩めるだけでも、

痛み・痺れに変化がでてきます。

 

ただ、施術は筋肉を緩めるだけで、

ストレッチや、特に矯正は絶対にしてはいけません。

 

 

ヘルニアは絶対に手術しないと改善されないのか…

 

 

椎間板ヘルニアは必ず手術をしなければいけないと思っている人もいるでしょう。

 

確かに1度飛び出してしまったヘルニアを元に戻すことは難しいことです。

 

ですが、手術をしなくても、痺れを抑えることは十分に可能です。

 

腰痛は手術しなくても対処できますので、整形外科の医師とよく相談し、

『保存療法』で症状が改善できる場合もありますので、

しっかりと向き合って治療しなければいけません。

 

ヘルニアの検査法ですが、ハッキリとさせるにはMRIでしかわかりません。

 

よく、レントゲンを撮っただけでヘルニアと診断されることがありますが、

信用性は低いです。

 

我々、整体師がみるときは、

ケンプテストやSLRなどの徒手テスト法があります。

 

腰椎椎間板ヘルニアの知識と施術法について話をさせていただきましたが、

意外と知らないこともあったのではないですか?

 

ヘルニアで悩んでいる人は参考にしてください。

カイロプラクティックで“手や指の痺れ”は改善できるのか?

カイロプラクティック しびれ「手や指が痺れる(しびれる)んですが・・・」

「何とかなりませんか?」

 

 

このようなクライアントが来るのはリラクゼーションやマッサージではなく、カイロプラクティックを選ぶ人がほとんどです。

 

 

リラクゼーションやマッサージなどに通っても症状は一向に回復しません。

 

 

いろいろネットで調べたり、知り合いに聞いたりして『カイロプラクティック』までたどり着きます。

 

 

それまでは、

 

 

・カイロプラクティックは聞いたことがない

・カイロプラクティックはボキボキされそう

・カイロプラクティックは痛い

・カイロプラクティックは怖い

 

 

このようなイメージがあるので、手や指が痺れてもすぐにカイロプラクティックに通う選択肢はないようです。

 

 

スクールの直営院周辺は、マッサージや整骨院は、

たくさんあるけれどカイロプラクティックはありません。

 

 

なので、保険診療が当たり前??のような地域です。

 

 

というわけで、カイロプラクティックが『最後の砦』のようなイメージもついてきています。

 

 

「揉んで良くならへんかったら、カイロ行こか~!」

 

 

長時間、筋肉を揉みほぐしても改善できないのは、手や指の痺れがは筋肉が原因ではないからです。

 

 

普通の整体とは違うカイロプラクティックの技術を身に付ければ、誰でも『技術』で勝負できるお店を開業することができます。

 

 

いくら揉んでも良くならないのが、今回のテーマである“手や指の痺れ”です。

 

 

手や指の痺れの原因とは!?

 

 

「手や指に痺れがある」と言っても、「時々痺れる」程度のものから「ずーっと痺れている」あるいは「命に危険を及ぼすような痺れ」まであります。

 

 

肩こりからくる“手や指の痺れの原因”は肩こりが改善されると痺れや痛みなどが消失するケースから、ただの肩こりと軽くみていたら思わぬ重大な疾患が隠れていることもあります。

 

 

肩こりからくるしびれの分析

 

 

肩こりによる痺れにも感じ方には個人差があります。

 

 

また、クライアントによって表現力も違いますので細かくヒアリングすることも重要です。

 

 

痺れのヒアリングを行うと、

 

 

・「ヒリヒリ」と痺れる

・「ピリピリ」と痺れる

・「電気が走るような」痺れがする

・「じ~んと力が入らない」痺れがする

・「チクチク」と痺れる

 

 

などの表現が多いです。

 

 

感覚をたずねると、

 

 

・手や指が動かしにくい

・皮膚の感覚が鈍い

・脚が痺れた時のような感覚がする

 

 

などの表現が多いです。

 

 

また、「私は肩こりではない」と自分でおっしゃるクライアントもたまにいますが、鵜呑みにしてはいけないです。

 

 

肩こりの自覚症状などがなくても首や肩周りの筋肉に触れてみると意外と硬くなっている人もいます。

 

 

肩こりからくる“手や指の痺れ”の3つの原因

 

 

1、頸椎椎間板ヘルニア

 

 

頚椎(首)は、7つの骨(椎骨)が積み重なって出来ています。その椎骨と椎骨の間にクッションの役割をしている「椎間板」が挟まっています。

 

 

頭は約7kgくらいの重さがあり、この不安定な頭を首で支えていますから首を回したりねじったりすると、重さ以上の負荷が頚椎にかかってしまいます。

 

 

そして、何らかの理由で負担がかかると、頚椎の椎間板が飛び出してしまう場合があります。

 

 

これが頚椎椎間板ヘルニアです。

 

 

頸椎椎間板ヘルニアの症状とは?

 

 

背骨の中央には「脊髄」と呼ばれる脳と腕・手・足・内臓をつなぐ、身体を動かすために大変重要な部分があります。

 

 

ヘルニアのタイプは2種類あり、

頚椎椎間板ヘルニア

 

・位置によっては脊髄を刺激してしまう場合(上記、左側図)

・脊髄から枝分かれした神経根の部分が刺激されてしまう場合(上記、右側図)

 

 

重症のケースでは頚椎のヘルニアであっても、症状が下半身へ出てしまい、太ももや足がしびれたり、排尿障害を生じるなど、重い症状に見舞われるケースもあるのです。

 

 

頸椎椎間板ヘルニアの症状パターンはこれだ!

 

 

【脊髄が刺激された場合】

 

 

・首、肩周囲のコリ

・腕のしびれ、痛み・下半身のしびれ、痛み

・力が入らない

・排尿障害

・ペンで字を書いたり、服のボタンを留めるなどの手先の作業に支障が出る

(直営院でも震えたような波打っているような文字もの人も実際にいましたが、カウンセリング時に判明)

 

 

【神経根が刺激された場合】

 

 

・首、肩周囲のコリ

・肩から腕、指のしびれ、痛み

・首を後ろへ倒すと首の付け根、肩甲骨付近、指先に痛みが走る

 

 

 

2、変形性頚椎症(へんけいせいけいついしょう)

変形性脊椎症

 

変形性頚椎症の症状とは?

 

 

首の骨に出来てしまった骨棘(こつきょく;上記写真のとげのような骨)が、神経を刺激してしまうことがあります。

 

 

一般的には、首の部分を構成している背骨に起こる老化現象と言われていますが、激しいスポーツで頚部に負担をかけている人にもみられることがあります。

 

 

椎間板のクッション性の低下や、筋肉・靭帯が弱くなることで頚部が不安定になると、負担のかかっている骨にトゲのようなものが出来てしまいます。

 

 

このトゲの出来る位置や大きさによって、症状が重くなることもあります。

 

 

老化現象と聞くとショックを受けるかもしれませんが、日常生活中のクセによる首への負担のかけ方や、スポーツ、外傷によっても、頚椎(首の骨)に変性が見られることがあります。

 

 

しかし、頚椎の変性がある場合でも、必ずしも症状が出るわけではありませんが、首への負担をかけ続けたり、何かのきっかけで、腕の方への痛みやしびれといった症状が出てしまうこともあるため、生活習慣を含めて改善が必要になるかもしれません。

 

 

変形性頚椎症の症状パターンはこれだ!

 

 

頚椎椎間板ヘルニアと同じように、トゲのできる位置、大きさによって、脊髄に関わる症状が出たり、神経根、血管に関わる症状が出たりと様々です。

 

 

・首、肩周囲のコリ

・腕、手先のしびれ・痛み、脱力感

・後頭部の痛み

・めまい、耳鳴り

・手や足の動きがぎこちなくなる、歩くことが困難

・排尿障害
3、後縦靭帯骨化症(こうじゅうじんたいこつかしょう)

後縦靭帯骨化症

 

後縦靭帯骨化症の症状とは?

 

 

後縦靭帯(水色部分)は、首の骨に沿って縦方向に走っています。

首を構成している7つの骨は、縦に積み重なるように配列されていますが、この状態を支える組織のひとつに「後縦靭帯」があります。

 

 

この靭帯は背骨に沿って縦に走っているのですが、後縦靭帯が骨のように硬くなり、大きくなってしまうと神経根や脊髄を障害します。

 

 

首以外の背骨にも起こる可能性のある原因不明の疾患です。

 

 

後縦靭帯骨化症の症状パターンはこれだ!

 

 

・首、肩こり、肩のこわばり

・頭を動かす範囲が制限される

・首や肩、肩甲骨周囲の痛み・しびれ

・指先、腕へのしびれ(悪化すると徐々に広がっていくことも)

・手先の作業ができない

・足が思うように動かず歩きにくい

・排尿障害

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

単純に、「手や指が痺れる」といっても様々な症状や原因があります。

少し難しく感じるかもしれませんが、授業はわかりやすく学ぶことができます。

 

「聞いたことがある→知っている→わかる→できる→実践する」とステップを踏んでいくと、

技術修得は早くなり、難しいと思っていた技術でもかんたんに使いこなせるようになります。

誰でもできる!椎間板ヘルニアを見分ける方法

重度の腰痛のクライアントが来院した時、

あなたはどうしますか?

 

 

「腰だけではなく、脚まで痛みやしびれがひどい・・・」

「歩くことはもちろん、座っているだけでも辛い・・・」

 

 

この時、しっかりカイロプラクティックを学んでいれば、

または知識だけでなく、現場での実践経験を積んでいれば

対処できるかもしれません。

 

 

ここでクライアントを満足させることができるかどうかで

あなたの開業したお店が繁盛するかどうかわかります。

 

 

なぜなら、

リラクゼーション目的のマッサージや

保険診療のみの一般的な整骨院では対応できない範囲になります。

 

 

まさに、

カイロプラクティックや実費治療院の腕の見せどころとなるわけです。

 

 

激安マッサージや整骨院は年々、増加しています。

費用は60分2980円でしたが、最近はもっと安いマッサージ店もでてきて

価格競争が始まっています。

 

 

そして、資金力をもった大手のグループだけが

生き残っています。

 

 

個人のあなたが、価格競争に巻き込まれてしまうと

繁盛していても利益が残らないお店になってしまうかもしれません。

 

 

つまり、

技術で差を付ける必要があります。

 

 

 

他と差別化できる椎間板ヘルニアの見分ける方法」

 

 

 

簡単ですので、

次の検査の3ステップの手順をマスターしてください!

 

 

椎間板ヘルニア 改善 整体・カイロプラクティック 学校1、クライアントを仰臥位(上向き)に寝かせる

2、膝を伸ばしたまま、術者が脚を上に持ち上げる

3、どこまで上がるか、角度を確認する

※痛みを感じた始めたところで終了。無理しない範囲でおこなってください。

 

 

【結果】

正常な人・・・70°以上、上げることができる

 

 

【注意】

柔軟性がもともと低い人はハムストリングス(太もも裏)がのばされた結果、

太もも裏に痛みを感じることがあります。

これを誤って椎間板ヘルニアと間違って判断してしまう場合があるので注意。

 

 

椎間板ヘルニアの場合、35~70°の範囲で

坐骨神経の周囲に焼けるような痛みを感じます。

坐骨神経痛 改善 整体 カイロプラクティック 学校

※35°以下では手術が必要な場合もあります。

 

 

図を見てもらうとわかりますが、

坐骨神経とは、腰から始まり足にかけて伸びている

身体の中で最も長くて太い神経です。

 

 

この神経の通り道が痛みが出ると、

坐骨神経痛と呼びます。

 

 

坐骨神経痛は病名ではなく、「腰痛」と同じように症状名です。

原因の一つとして椎間板ヘルニアがあります。

 

 

検査自体は簡単な方法ですので、

ぜひ椎間板ヘルニアの3ステップ検査法をマスターしてください。

 

 

【P.S】

他の検査法としては、画像診断があります。

X線撮影、MRI検査、CT検査、脊髄造影、などがあります。

 

 

確定させるのは、画像検査も合わせて判断しましょう。

胸椎椎間板ヘルニアについて

椎間板ヘルニアという言葉はご存じだと思います。

 

 

よく耳にする椎間板ヘルニアは、

頸椎椎間板ヘルニアか腰椎椎間板ヘルニアでしょう。

 

 

胸椎椎間板ヘルニアって聞いたことありますか?

 

 

実は、椎間板ヘルニアの中で

この胸椎椎間板ヘルニアが

もっとも深刻なのです。

 

 

頸椎や腰椎に比べると、なりにくいのですが

決して少なくはないのです。

 

 

では、どんな人が胸椎椎間板ヘルニアになりやすいのか?

 

 

  1. 男性
  2. 50代
  3. なりやすい部位(T11-12)

 

 

胸椎椎間板ヘルニアは頸部を屈曲させた時、

咳をした時、

力んだ時に痛みが強まる傾向にあります。

 

 

しかし、横になっていると痛みはほとんど軽減します。

 

 

胸椎椎間板ヘルニアを見つける方法とは?

 

 

椎間板ヘルニアは臨床経験が上がれば、

見つけることができます。

 

 

突出した胸椎椎間板は、

レントゲンで撮影するとしばしば退行変化を示し、

石灰化が認められます。

 

 

脊髄腔に石灰の影が現れる場合は、

椎間板が突出している証拠になります。

 

 

いずれの部位での椎間板ヘルニアでも

それを確定するには、MRIなどの画像診断は

必要になってきます。

 

 

椎間板ヘルニアの場合は、

安静にしておく方法、または

牽引するテクニックもよく使われる。

 

 

むやみにマッサージや指圧、

カイロプラクティックのアジャストメントを行うと

症状を悪化させてしまう恐れもあるので

十分に注意しなければいけません。

 

 

特に急性の症状の場合はお勧めできないが、

胸椎椎間板脱出の急性期は

頸椎椎間板ヘルニアや腰椎椎間板ヘルニアより

早く治まると言われています。