掲示板

資料請求・説明会に申し込む

明日から使える猫背改善テクニック

猫背 改善 テクニック日本人の多くは猫背に悩まされています。

 

猫背になる理由として…

 

①椅子よりも床に座ることが多く背中が丸くなる。

 

②家事や仕事の関係上、中腰になったり、前かがみになることが多い。

〔例…キッチンでの前かがみ・畑仕事での中腰・デスクワークでの前かがみ…〕

 

猫背になると首コリ肩コリに悩まされ、酷い場合頭痛も出てきます。

 

そして最近ではプロポーションを気にされる人が多くなり、猫背になっていると綺麗に、格好良く見えないことから猫背を改善したい人が増えてきています。

 

今回は猫背改善テクニックを紹介します。

 

 

猫背を改善しようとする時によくある間違い

 

 

背中が丸くなってるので首・肩・腰の筋肉が張ったり、痛くなったりします。

 

その痛みのある部分にアプローチをかけることがよくある間違いです。

 

この痛みは猫背になった結果、出てくる痛みです。

 

 

筋肉の張りには2種類あります

 

 

1つ目は、縮んだ張り

2つ目は、伸びている張り

 

片側が縮むから反対側が伸ばされます。

 

伸びている張りは筋肉が弱くなった状態なので、アプローチ〔緩める〕をかけるとさらに弱くなるので、縮んでる側はさらに縮み、バランスが悪くなります。

 

猫背で例えると胸の筋肉が縮むから首・肩・腰の背中側が伸ばされます。

 

なので、猫背の人には胸の筋肉にアプローチ〔緩める〕をかけないと首・肩・腰の筋肉の張りは取れません。

 

 

胸の筋肉を緩めることで猫背改善に繋がります。

 

 

ベッドに仰向けで寝転んでもらい両肩がどのくらいベッドから浮いているかを確認してください。

〔ベッドと肩の間に両手を入れて左右差を見てください。〕

 

猫背の人はベッドと肩の間に隙間があります。

 

ひどい場合は、隙間が広いです。

 

ベッドに仰向けで寝転がり胸の筋肉の大胸筋と小胸筋〔胸でも腕より〕の固くなっている部分をほぐします。

 

ほぐすことで筋肉の血流が良くなり緩みます。

 

注意…

指圧は筋肉が傷つくのでグリグリしないように。

ゆっくりと押し込むだけでいいです。

強さは痛気持ちいいくらいで。

 

ほぐして緩めた後はストレッチをします。

 

ベッドから腕が出るように仰向けで寝転がり胸を広げるように腕を床方向にゆっくり押してストレッチをかけます。

 

強さは気持ちいいくらいで、痛いのはダメです。

 

これでもう一度ベッドと肩の隙間を確認してください。

 

胸の筋肉が緩んでいれば隙間の間隔が短くなっています。

 

これで猫背改善に繋がります。

 

これで終われば元に戻りやすいので、セルフケアを指導します。

 

立った状態で、手を背中のうしろで組み合わせ胸を広げるようにしてもらうように指導してください。

〔胸を広げる時にストレッチがかかるので、広げる時に呼吸を吐くように。〕

 

この流れを行なってください。

 

以上が猫背改善テクニックです。

 

参考にしてみてください。

 

最短で寝違えを解消する方法

寝違え 学ぶ 整体 スクール寝違えると激痛に襲われます。

 

寝違えの経験がある方はご存知だと思いますが

激しい痛みに襲われ首を動かすのが困難になります。

 

症状が酷い場合は発熱を起こしたりもします。

 

今回はその寝違えを解消するテクニックを紹介します。

 

 

寝違えはなぜ起こるのか…

 

 

①頚椎〔首の骨〕の急激な変位〔ズレ〕で起こる。

 

②筋肉の緊張〔固くなる〕が強い状態で寝ていると筋肉が過緊張を起こし炎症する。

 

激しい痛みが出るのは炎症が原因しています。

 

なので、寝違えを解消する為にはまず、アイシング〔冷やす〕をします。

 

熱が抜けないと痛みは続きます。

 

アイシングをするかしないかで痛みの軽減と痛みに悩まされる期間が左右されます。

 

アイシングは袋に氷を入れるか、アイスパックを使います。

 

この時に注意しなくてはいけないのが低温火傷です。

 

直接当ててアイシングしてもいいですが、ハンカチを1枚挟むと低温火傷のリスクが軽減します。

 

シップを貼る方もいるのですが、シップは表面を冷やすだけで、芯までは冷やせません。

 

芯まで冷えなければ炎症がひかないので、シップはオススメできません。

 

たまに寝違えると温める人がいるのですが、

逆効果で炎症〔熱を持っている〕しているところに

熱を加えってしまっていることになり

炎症が治まらなくなります。

 

まず、寝違えた時はアイシングと覚えておいてください。

 

 

ここまでは施術経験が無い方もできますが、

少しだけ専門的なことを言います。

 

 

アイシングをして熱を取ると、次に患部〔首肩などの痛みのある部分〕の

固まった筋肉を緩めるのではなく、

首肩に関連性のある背中の筋肉〔肩甲骨周辺〕と胸筋を緩めます。

 

特に胸筋は緩めること。

 

胸筋が固くなると猫背になり、首にストレスが掛かります。

 

痛みが強い期間、もしくは痛みが軽減していても痛めた日から

3日間は同じ流れを行います。

〔アイシングして患部に関連性のある部分にアプローチをかける。〕

 

 

次はアイシング・関連性のある部分+肩甲骨の

ストレッチを入れる。

 

 

ストレッチをすることで緊張した筋肉は緩和し、

関節の可動域が広がり患部へのストレスを取ります。

 

炎症と痛みが軽減してきたら最後は患部の筋肉を緩める。

〔肩甲挙筋・胸鎖乳突筋・僧帽筋は寝違えに凄く関連性が強いので、特に緩める。〕

 

最後はカイロプラクティックで、頚椎の矯正が必要であれば矯正する。
〔第5頚椎は寝違えと関連性が強い。〕

 

以上が寝違えを解消するテクニックです。

 

いかがでしょうか?

 

最後は専門的な話になり、施術未経験の方はわからない話ではありましたが、

アイシングだけでも正確にできると症状はかなり軽減されます。

 

参考にしてみてください。

骨盤矯正でカイロプラクティックが選ばれる理由

骨盤矯正 学校骨盤矯正・骨盤ダイエットの施術をされているお店をよく見かけませんか?

 

整骨院・整体院・カイロプラクティック院・エステサロンなど…

 

骨盤矯正はの中でも特に、骨盤ダイエットと産後骨盤矯正の需要が大きくなっています。

 

理由としては、

 

✔産後すぐに職場復帰したい・・・

✔産後にプロポーションが崩れるのはイヤ・・・

 

上記の理由以外にも、「最近お腹が出てきた・・・」「骨盤が歪んでいる気がする」という理由で通うお客様もいらっしゃいます。

 

 

よくある骨盤矯正の誤解

 

 

骨盤矯正のお店がたくさんあっても、お店によって矯正方法は全く違います。

 

どの矯正方法が間違いで、間違いではないとは言い切れませんが、一つだけ誤解しないでいただきたいことがあります。

 

 

骨盤矯正≠ボキボキ矯正

 

 

いまだにボキボキと派手に音を鳴らして矯正するところがありますが、

ボキボキと音が鳴れば、矯正が上手くできたというわけではありません。

 

むしろ、逆効果の場合もあります。

 

ボキボキ矯正の良し悪しはこちらで紹介しています。

 

 

特に産後で骨盤矯正をする場合は関節が緩くなっていますので注意が必要です。

 

ボキボキと音を鳴らすことで、

 

お客様からすると、「矯正された実感」

整体師からすると、「矯正ができた感触」

 

この2つを得ることができます。

 

この2つだけを求めると、パフォーマンス的なものになりますので、

「どこが、どのように変化したか」を施術前と施術後の変化で示すことが最重要になってきます。

 

パフォーマンスではなく、細かな検査を行い、圧倒的な変化をみせることができるのはカイロプラクティックだけです。

 

 

骨盤矯正でカイロプラクティックが選ばれる6つの理由

 

 

1、骨格矯正の代表的なテクニックがカイロプラクティック

 

2、関節の動きをピンポイントで確認することで、正確に矯正ができる

 

3、その場で変化が実感できる

 

4、必要以上のマッサージは行わないので短時間で矯正ができてしまう

 

5、他のライバル院と技術で差がつけられる

 

6、ボキボキしなくても効果が期待できる

 

このようなメリットでカイロプラクティックで骨盤矯正を取り入れる方が増えています。

 

名前は、同じ整骨院でも、同じ整体院でも・・・カイロプラクティックの技術を取り入れて選ばれる繁盛院を作りませんか?

整体師としてレベルアップするためにやること

手の感覚あなたが整体師としての人生をスタートする前に意識しておかないといけないことがあります。

 

整体師になるために整体の勉強をはじめると、どうしても型ばかりを覚えることに必死になってしまいがちです。

 

・立ち位置

・姿勢

・手の形

 

 

型を覚えるだけで施術ができますか?

 

 

残念ながら、ほとんどの整体学校で習う技術は『型』を習って、卒業になります。

 

試験も『型』ができていれば合格し、認定証をもらって卒業できます。

 

しかし、就職や開業した時にぶち当たる壁が『施術』という壁です。

 

 

技術の『型』を覚えても、ゴールではありません。

 

 

学校で習う『型』と現場で使う『施術』は違うっていうことを知ってください。

 

学校を卒業しただけでは、施術はできるようになっていません。

 

「卒業してから、結局役に立たなかった・・・」という話もよく聞く話です。

 

 

ほんの少し意識を変えるだけで

『型』ではなく『施術』を意識して学ぶ方法とは!?

 

 

同じ施術でも、

 

✔見る

✔触れる

✔動かす

 

など感覚は様々です。

 

 

技術が上達してくると、身体に手を触れるだけで、様々な情報が自分の手から脳へ伝わってきます。

 

その様々な感覚を感じ取る力を養っていかないといけません。

 

 

たとえば、肩こりの人がいたとします。

 

その肩に触れたときに、何を感じるか読み取る意識をしながら触れてほしいのです。

 

そうしていかないと、どんな技術を教えてもらっても感覚がつかめなかったり反応が鈍くなったりします。

 

感覚が鋭い人と、鋭くない人のレベルの差はかなり開きます。

 

 

施術ができるようになるためにやっておくこと

 

 

手から伝わってくる情報としては、

 

・弾力は、硬い?柔らかい?

・皮膚の温度は、熱がある?冷たい?

・動きは、過剰可動?可動減少?

 

これらをイメージしながら触ることです。

 

これが整体師として勉強を始める人の第一歩です。

 

お客様が訴えるのは、『痛み』ですが、それはあくまで結果です。

 

私たちは調べるのは結果ではなく、原因です。

 

整体師になりたい方は意識しておいて、早くレベルアップできる準備をしておきましょう!

カイロプラクティックで“手や指の痺れ”は改善できるのか?

カイロプラクティック しびれ「手や指が痺れる(しびれる)んですが・・・」

「何とかなりませんか?」

 

 

このようなクライアントが来るのはリラクゼーションやマッサージではなく、カイロプラクティックを選ぶ人がほとんどです。

 

 

リラクゼーションやマッサージなどに通っても症状は一向に回復しません。

 

 

いろいろネットで調べたり、知り合いに聞いたりして『カイロプラクティック』までたどり着きます。

 

 

それまでは、

 

 

・カイロプラクティックは聞いたことがない

・カイロプラクティックはボキボキされそう

・カイロプラクティックは痛い

・カイロプラクティックは怖い

 

 

このようなイメージがあるので、手や指が痺れてもすぐにカイロプラクティックに通う選択肢はないようです。

 

 

スクールの直営院周辺は、マッサージや整骨院は、

たくさんあるけれどカイロプラクティックはありません。

 

 

なので、保険診療が当たり前??のような地域です。

 

 

というわけで、カイロプラクティックが『最後の砦』のようなイメージもついてきています。

 

 

「揉んで良くならへんかったら、カイロ行こか~!」

 

 

長時間、筋肉を揉みほぐしても改善できないのは、手や指の痺れがは筋肉が原因ではないからです。

 

 

普通の整体とは違うカイロプラクティックの技術を身に付ければ、誰でも『技術』で勝負できるお店を開業することができます。

 

 

いくら揉んでも良くならないのが、今回のテーマである“手や指の痺れ”です。

 

 

手や指の痺れの原因とは!?

 

 

「手や指に痺れがある」と言っても、「時々痺れる」程度のものから「ずーっと痺れている」あるいは「命に危険を及ぼすような痺れ」まであります。

 

 

肩こりからくる“手や指の痺れの原因”は肩こりが改善されると痺れや痛みなどが消失するケースから、ただの肩こりと軽くみていたら思わぬ重大な疾患が隠れていることもあります。

 

 

肩こりからくるしびれの分析

 

 

肩こりによる痺れにも感じ方には個人差があります。

 

 

また、クライアントによって表現力も違いますので細かくヒアリングすることも重要です。

 

 

痺れのヒアリングを行うと、

 

 

・「ヒリヒリ」と痺れる

・「ピリピリ」と痺れる

・「電気が走るような」痺れがする

・「じ~んと力が入らない」痺れがする

・「チクチク」と痺れる

 

 

などの表現が多いです。

 

 

感覚をたずねると、

 

 

・手や指が動かしにくい

・皮膚の感覚が鈍い

・脚が痺れた時のような感覚がする

 

 

などの表現が多いです。

 

 

また、「私は肩こりではない」と自分でおっしゃるクライアントもたまにいますが、鵜呑みにしてはいけないです。

 

 

肩こりの自覚症状などがなくても首や肩周りの筋肉に触れてみると意外と硬くなっている人もいます。

 

 

肩こりからくる“手や指の痺れ”の3つの原因

 

 

1、頸椎椎間板ヘルニア

 

 

頚椎(首)は、7つの骨(椎骨)が積み重なって出来ています。その椎骨と椎骨の間にクッションの役割をしている「椎間板」が挟まっています。

 

 

頭は約7kgくらいの重さがあり、この不安定な頭を首で支えていますから首を回したりねじったりすると、重さ以上の負荷が頚椎にかかってしまいます。

 

 

そして、何らかの理由で負担がかかると、頚椎の椎間板が飛び出してしまう場合があります。

 

 

これが頚椎椎間板ヘルニアです。

 

 

頸椎椎間板ヘルニアの症状とは?

 

 

背骨の中央には「脊髄」と呼ばれる脳と腕・手・足・内臓をつなぐ、身体を動かすために大変重要な部分があります。

 

 

ヘルニアのタイプは2種類あり、

頚椎椎間板ヘルニア

 

・位置によっては脊髄を刺激してしまう場合(上記、左側図)

・脊髄から枝分かれした神経根の部分が刺激されてしまう場合(上記、右側図)

 

 

重症のケースでは頚椎のヘルニアであっても、症状が下半身へ出てしまい、太ももや足がしびれたり、排尿障害を生じるなど、重い症状に見舞われるケースもあるのです。

 

 

頸椎椎間板ヘルニアの症状パターンはこれだ!

 

 

【脊髄が刺激された場合】

 

 

・首、肩周囲のコリ

・腕のしびれ、痛み・下半身のしびれ、痛み

・力が入らない

・排尿障害

・ペンで字を書いたり、服のボタンを留めるなどの手先の作業に支障が出る

(直営院でも震えたような波打っているような文字もの人も実際にいましたが、カウンセリング時に判明)

 

 

【神経根が刺激された場合】

 

 

・首、肩周囲のコリ

・肩から腕、指のしびれ、痛み

・首を後ろへ倒すと首の付け根、肩甲骨付近、指先に痛みが走る

 

 

 

2、変形性頚椎症(へんけいせいけいついしょう)

変形性脊椎症

 

変形性頚椎症の症状とは?

 

 

首の骨に出来てしまった骨棘(こつきょく;上記写真のとげのような骨)が、神経を刺激してしまうことがあります。

 

 

一般的には、首の部分を構成している背骨に起こる老化現象と言われていますが、激しいスポーツで頚部に負担をかけている人にもみられることがあります。

 

 

椎間板のクッション性の低下や、筋肉・靭帯が弱くなることで頚部が不安定になると、負担のかかっている骨にトゲのようなものが出来てしまいます。

 

 

このトゲの出来る位置や大きさによって、症状が重くなることもあります。

 

 

老化現象と聞くとショックを受けるかもしれませんが、日常生活中のクセによる首への負担のかけ方や、スポーツ、外傷によっても、頚椎(首の骨)に変性が見られることがあります。

 

 

しかし、頚椎の変性がある場合でも、必ずしも症状が出るわけではありませんが、首への負担をかけ続けたり、何かのきっかけで、腕の方への痛みやしびれといった症状が出てしまうこともあるため、生活習慣を含めて改善が必要になるかもしれません。

 

 

変形性頚椎症の症状パターンはこれだ!

 

 

頚椎椎間板ヘルニアと同じように、トゲのできる位置、大きさによって、脊髄に関わる症状が出たり、神経根、血管に関わる症状が出たりと様々です。

 

 

・首、肩周囲のコリ

・腕、手先のしびれ・痛み、脱力感

・後頭部の痛み

・めまい、耳鳴り

・手や足の動きがぎこちなくなる、歩くことが困難

・排尿障害
3、後縦靭帯骨化症(こうじゅうじんたいこつかしょう)

後縦靭帯骨化症

 

後縦靭帯骨化症の症状とは?

 

 

後縦靭帯(水色部分)は、首の骨に沿って縦方向に走っています。

首を構成している7つの骨は、縦に積み重なるように配列されていますが、この状態を支える組織のひとつに「後縦靭帯」があります。

 

 

この靭帯は背骨に沿って縦に走っているのですが、後縦靭帯が骨のように硬くなり、大きくなってしまうと神経根や脊髄を障害します。

 

 

首以外の背骨にも起こる可能性のある原因不明の疾患です。

 

 

後縦靭帯骨化症の症状パターンはこれだ!

 

 

・首、肩こり、肩のこわばり

・頭を動かす範囲が制限される

・首や肩、肩甲骨周囲の痛み・しびれ

・指先、腕へのしびれ(悪化すると徐々に広がっていくことも)

・手先の作業ができない

・足が思うように動かず歩きにくい

・排尿障害

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

単純に、「手や指が痺れる」といっても様々な症状や原因があります。

少し難しく感じるかもしれませんが、授業はわかりやすく学ぶことができます。

 

「聞いたことがある→知っている→わかる→できる→実践する」とステップを踏んでいくと、

技術修得は早くなり、難しいと思っていた技術でもかんたんに使いこなせるようになります。

整体院の施術を見学できる整体学校

整体院 見学 整体学校整体院の施術を見学できる整体学校ってあったら

かなり参考になると思いませんか?

 

 

私が整体学校に通っていたころは、

学校の先生の実際の現場施術って絶対に見せてくれませんでした。

 

 

それは、今も同じでほとんどの学校では実際の施術を見せてくれません。

 

 

でも私の経験上、現場を知らないで技術が飛躍的に上達することはあり得ません。

 

 

技術がわかっていても実際の現場をイメージできていなければ、

その技術は使いものになりません。

 

 

「勉強中に実際の施術現場をたくさん見ておけばよかった・・・」

 

 

このように思う生徒さんはたくさんいます。

 

 

 

施術経験なしで就職や開業って??

 

 

 

民間資格だから資格は学校で発行されますので

学校によれば簡単に資格だけを取得できるところもあります。

 

 

しかし、その場合資格や認定証をもらっただけで

生徒さんも満足してしまい、その結果、

就職しても開業してもまったく役に立たないという事態に

陥っているケースもあるようです。

 

 

いくら授業を全部受講しても、試験に合格しても

施術経験がまったくない生徒が、認定証をもらっても

施術はスムーズにできません。

 

 

 

見学だけでもOK!?

整体の現場に慣れておくだけでイメージができる

 

 

 

在学中に、整体の施術現場を知っておくだけで、

 

 

☑先生がどういうテクニックでどのように施術しているのか手に取るようにわかります

☑在学中ならその場で質問できるので、疑問はすぐに解決します

☑現場の空気に慣れることで緊張せずに落ち着いてお客様対応ができます。

 

 

よく考えてみてください。

 

 

国家資格でもある美容師、調理師などの業種でも

学校では必ず実習があります。

 

 

繁盛している美容院や飲食店で現場経験を積みます。

 

 

卒業してからのんびり現場に出るスタイルではなく

今の時代は現場に出るスピードが速くなっています。

 

 

 

整体院の見学や現場参加は在学中にやっておこう!

 

 

 

整体学校に入ったら、解剖学などの座学や

生徒同士での手技の練習もします。

 

 

しかし、手技の手順を覚えて終わる学校がほとんどです。

 

 

「手技を覚えたら、現場で使ってみる!」

 

 

これが在学中で一番大切です。

 

 

使ってみることが一番大切で、使えるようになれば本当に修得できたことを意味します。

(資格や認定証をもらうことが重要ではありません。)

 

 

もちろん初めからうまくできません。

 

 

 

繁盛している整体院へ施術を受けに行ったことはありますか?

 

 

 

「なるほど、院内はこんな感じになっているのか~」

「こういう流れで施術するんだ~」

「このビフォーアフターはすごい!!」

「こういう接客って気持ちが良いな~」

「何日か経ってメールが届いた!」

 

 

このような自分が知らない気づきが必ずあります。

 

 

しかし、この『気づき』だけで終わらせてはいけません。

 

 

整体院を見学するだけであなたが繁盛整体院を

経営できるイメージが湧いてきます。

 

 

実際に繁盛している整体院に施術を受けに行くと、

1回最低でも5000円はします。

 

 

勉強と思っていても色々な整体院に

自分で通うとかなりの出費になってしまいます。

 

 

なので、整体院を見学できる整体学校を探してみてください。

 

 

直営院なら見学も可能ですが、

「直営院ならどこでもいい」というわけではありません。

 

 

ポイントは、

 

 

☑整体学校の講師の整体院が見学できる

☑整体院が安売りではなく、高単価の技術で勝っている

☑実名での『お客様の声』が多数あり、支持されている

 

 

このように、実績のある整体学校で整体院の見学ができれば

あなたの独立開業はかなり現実化してきますので、

このポイントを押さえて『整体院を見学できる整体学校』を探してみてください。

 

繁盛整体院と繁盛していない整体院の決定的な差とは!?

繁盛 整体院 カイロプラクティック繁盛している整体院と繁盛していない整体院の差って何だと思いますか?

 

・腕が圧倒的に違う

・口コミや紹介が多い

・駅前など、立地が良い

 

このように思うと、確かにそうかもしれません。

 

しかし、これらも自然には起こりません。

 

☑腕が良くなるためには、練習を繰り返し、開業してもさらに技術の研究を重ねるでしょう。

☑口コミや紹介を増やすためには、お客様に「ぜひ、紹介してください!」と頼んでいるかもしれません。

☑立地が良いところを選ぶなら、周りよりも高い家賃を払わないといけません。

 

これまで、たくさんの開業者や知り合いの整体院を見てきましたが、

繁盛する整体院と繁盛していない整体院の決定的な差がありました。

 

あなたが、

 

「将来整体師として成功したい・・・または、

すでに開業しているけど、何が足りないかわからない・・・?」

 

こう思っているなら、ぜひ頭に入れておいてください。

 

 

 

繁盛整体院と繁盛していない整体院の決定的な差とは!?

 

 

 

新規集客にどれくらい投資できているのか?

 

新規のお客様に来院してもらうためには、『投資』をしなければいけません。

 

「投資なんてせずに、高い技術があれば大丈夫!」って思っている人は多いですが、その考えはとても危険です。

 

高い技術は必要ですが、それだけでは繁盛しません。

 

なぜなら、

 

歌が上手ければ、誰でも成功しますか?

おいしい料理店なら、必ず繁盛しますか?

 

違いますよね?

 

技術が高いのは、クライアントからすれば当然なのです。

 

 

 

新規集客に『投資』する必要性を知ってください

 

 

 

整体院が繁盛するためには、認知度を上げないといけません。

 

チラシ、ホームページ、クーポンなど・・・。

 

クーポンなどの割引券も値引きによって利益が減りますから、金額的な投資になります。

 

このように、「自分の整体院がココにあります!」っていうのを知ってもらうために広告は必要な手段です。

 

 

 

投資はお金の投資だけではない!?

 

 

 

ブログを書くなら、時間を投資しなければいけません。

 

どんなふうにブログを書けば、読んでもらえるようになるのか考えないといけません。

 

メニューを考えたり、お客様に渡す資料などにも工夫が必要でしょう。

 

施術後に手紙を書いたり発送したり、アフターフォローにも時間を費やします。

 

この、お金や時間を投資して、集客・経営していくことが必要になります。

 

繁盛整体院は、この新規集客に投資するお金と時間の使い方が繁盛していない整体院よりもはるかに長いです。

 

目先の集客ではなく、1年や2年後に実を結んでお客様が増えたらいいな~という意識で取り組むことが重要です。

 

繁盛していない整体院は、逆に集客への投資が少ないところがほとんどです。

 

集客するための投資に重点を置かないため、

 

☑チラシを1回まいて、効果がなければすぐやめる。

☑ホームページはできるだけ安い業者に任せる

☑ブログを書いても読まれないのでしない

 

繁盛していない整体院では、こういう短期的な考えの人が多いです。

 

新規集客できていない整体院ではどうしても売り上げが少ないので、投資は難しいかもしれません。

 

でもお金以外の時間という投資ならどうですか?

 

繁盛していない間は、時間は投資できるハズです。

 

繁盛している整体院ほど、長期的な目線で集客ができている傾向があります。

 

投資してすぐにリターンを求めるのではなく、コツコツ軌道に乗せていくことが重要です。

 

卒業後にすぐ開業して成功したい方は、ぜひ、ご相談ください。

 

独立開業となると、一人では難しく感じますが、アドバンスでは卒業後もサポートします。

 

開業後、

 

「そうやって集客するの?」

「お客様は来るの?」

「ホームページってわからない」

「施術メニューや料金ってどうやって決めるの?」

「リピートしてもらうにはどんな方法があるの?」

 

これって一番難しく、悩んでしまう内容ですが、

 

このような疑問も、直営院で培ってきたノウハウがございますので

そのまますぐに、あなたのお店に導入することが可能です。

 

年末年始の休校日のお知らせ

【年末年始休校日のお知らせ】

 

12月22日~1月7日までを年末年始の休校日とさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承よろしくお願い申し上げます。

 

休校期間中のお問い合わせや資料請求は、

1月8日以降、順次対応させていただきます。

 

アドバンスカイロプラクティックスクール事務局

痛みをとる整体を学ぶ!痛みの原因とは!?

痛みをとる整体痛みが発生する原因って考えたことありますか?

 

 

何かむずかしい・・・ですよね。

 

 

✔腰が痛い=腰をほぐす

✔肩がこる=肩をもむ

 

 

これは、実は何の解決にもならないです。

 

 

あなたがプロの整体師になりたいのであれば、

このようなことをやってはいけないんですよ。

 

 

「えっ、でも近くの整体に通った時は肩が痛いって言ったら、もんでくれたよ!」っていう人もいるかもしれません。

 

 

でも、これから整体を学ぶあなたはしないでください。

 

 

実際に辛いところを、もんでくれるお店は多いですし、

それで一度は納得されるお客様も多いです。

 

 

 

「木を見て森を見ず」という言葉をご存知でしょうか?

 

 

 

これは、結果ばかりに目が行ってしまい、

全体が見えていないことのたとえです。

 

 

あなたが、本当のプロの整体師になりたいのであれば

痛みという結果ばかりにとらわれず、

全身を見て原因を探してほしいのです。

 

 

筋肉だけ・・・

骨だけ・・・

神経だけ・・・

 

 

ではなく、全体を見ること。

 

 

とても重要です。

 

 

 

痛みが発生する原因って何?

 

 

 

その一つが、「感情」です。

 

 

「えっ、整体やカイロプラクティックと全く関係ない気がするけど・・・!」

 

 

このように思われるかもしれませんが決めつけてはいけないんです。

 

 

お客様の痛みの原因が「感情」だったとしたら、

それもプロの整体師であれば解決してあげないといけません。

 

 

たとえば、

 

 

お客様は、「腰が痛い」と訴えております。

 

 

「感情」が腰の痛みに関係があるのか!?

と思ってしまうかもしれませんが、

 

 

「怒り」

「不安」

「緊張」

 

 

これらの「感情」は、

 

 

自律神経に影響しているとしたら

「確かにそうかも・・・」って思ってきませんか?

 

 

この関係について少し難しいですが、

大切なことなので解説していきます。

 

 

 

感情の中でも「負」の感情は痛みの原因になる

 

 

 

「骨折した」、「捻挫した」など

直接痛みを感じる原因以外は

どんな病気でも痛みの原因は

自律神経が関係しているといわれています。

 

 

「怒り」、「不安」、「緊張」などの

「負」の感情は、

いずれもストレスになります。

 

 

ストレスは自律神経を乱す原因になり、

心と体のバランスが崩れ、

身体の色々なところを弱めてしまいます。

 

 

その弱めた部分が

「痛み」となってでてくるわけです。

 

 

 

なぜ、ストレスが痛みにつながるのか?

 

 

 

自律神経には、活動時に働く「交感神経」と

安静時に働く「副交感神経」とがあります。

 

 

ストレスは交感神経を刺激します。

 

 

交感神経が活発になると、

血管が収縮され血液の流れが悪くなります。

 

 

血液が悪くなると

身体の隅々まで酸素が届かなくなります。

 

 

その時に痛みを発生させる「ブラジキニン」、「プロスタグランジン」といった発痛物質が発生し、知覚神経が刺激されて痛みが生じるわけです。

 

 

 

感情は溜め込まず、解放してあげる

 

 

 

「子供みたいにワァーーーーーー!!!!」って

 

 

叫びたい時ってないですか?

泣きたい時ってないですか?

笑いたい時ってないですか?

 

 

大人になると感情を表に出すことは難しいですが、ストレスを溜めないことです。

 

 

その日のうちにストレスを発散させることが大切です。

 

 

・お風呂を眺めに入る

・カラオケで大きな声で歌う

・遊ぶときは遊び、勉強するときは勉強に集中する

・アロマでリラックスする

 

 

などの発散方法があります。

 

 

また、人の悪口を言ったり、

恨んだり、仕事の不満なども

「負」を生み出す要因になります。

 

 

整体やマッサージは筋肉や関節がメインですが、

カイロプラクティックは自律神経系の調整も得意とします。

 

 

プロの整体師は痛みの原因さえわかれば、

痛みから解放させてあげることができるのです。

 

 

プロの整体師を目指すなら

幅広い知識とそれに合わせた技術を学んでくださいね!

 

整体院を専門特化して独立開業を成功させる方法

専門特化 整体院アドバンスカイロプラクティックスクールでは、整体やカイロプラクティックの技術にとどまらず集客や経営まで学べるコースがあります。

 

なので、カリキュラム通りの授業だけでなく、実際のお客様の施術やカウンセリング、接客、経営方法までも修得できます。

 

 

その中で、独立開業を成功させるためにで『ターゲットを絞る』ということをお話しさせていただきます。

 

 

あなたが、整体やカイロプラクティックの学校で無事に卒業し、技術をたくさんマスターしたら・・・

 

 

技術をマスターしたことで自信にもつながるでしょう。

 

 

 

しかし、ここで90%以上の方は、重大なミスを犯してしまいます。

 

 

 

技術を修得して自信をもったあなたはたくさんのクライアントに来ていただきたいがために、

 

☑肩こり

☑腰痛

☑五十肩

☑坐骨神経痛

☑腕が上がらない

☑頭痛

☑めまい

☑しびれ

☑手足の痛み

☑生理痛

☑椎間板ヘルニア

 

など、その他なんでもご相談ください!

 

 

このように色んな症状を並べて、

『どんな悩みでもお任せください!』

と宣伝をしてしまいます。

 

 

こうすることで、どれか一つでも当てはまると確率が上がるので、

『誰か来てくれるだろう・・・』

と思ってしまうわけです。

 

 

あなたも、そう思いませんか?

 

 

 

たくさん施術ができることを

クライアントは求めていません

 

 

 

『えーーーっ!!

たくさん勉強して技術もたくさんマスターしたのに・・・』

 

 

こう、思ってしまいそうですが、

安心してください。

 

 

技術をたくさんマスターしておくことは私たちにとって重要です。

 

 

ただ、クライアントは技術をたくさん使ってほしいわけではなく、

今いちばん辛い、たった一つの症状を改善してほしいだけです。

 

 

なので、

 

 

大切なのは、最初にお話しした通り、

独立開業を成功させるためにで『ターゲットを絞る』ということです。

 

 

 

整体院を専門特化して独立開業を成功させる方法

 

 

 

☑○○症専門整体院

☑痛み・しびれに特化した整体院

☑美容整体専門整体院

 

 

最近はたくさんの『専門特化型』整体院が出てきています。

 

 

こういう動向をいち早くキャッチすることが独立開業成功のカギですが、

技術以外でこういう情報を教えてくれる整体カイロプラクティックの学校はほとんどありません。

 

 

ただ、『実際に専門に特化ってどうなんだろう~』って思っている方も多いと思います。

 

 

整体院の経営・集客でこの『専門特化型整体院』は非常に効果的ですが、

メリットもあれば、もちろんデメリットもあります。

 

 

独立開業を目指している方はぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

整体院を専門特化して独立開業を成功させる3つのメリット

 

 

 

1、来院者が増える

 

 

もし、あなたが本当に辛い肩こりで困っているとします。

 

 

どこの整体院やマッサージに行っても良くならなくて、腕のいい整体院を探しています。

 

 

『肩こり一筋○○年、肩こり専門の整体院』と『どんな症状でも対応する整体院』どちらに行こうと思いますか?

 

 

もちろん、症状には色々な要因がありますが、

悩んでいる人は、一度専門の整体院で見てもらいたいという傾向にあります。

 

 

特に、整骨院や整体院が密集している地域では、

どの整体院を選べばいいかわかりません。

 

 

専門特化した方がクライアントの悩みにピンポイントで届きます。

 

 

2、口コミで広がりやすい

 

 

普通の整体院なら他との違いがわかりにくいので口コミにつながりにくくなります。

 

 

しかし、『肩こり専門』となると、肩こりに本気で悩まされている人がいたら、

 

 

『肩こり専門の整体があるらしいよ~』と口コミで広がりやすくなります。

 

 

3、施術の回数が増え、技術向上につながる

 

 

肩こり専門で特化した場合、自然と肩こりの症状の人が集まります。

 

 

肩こりでも症状は様々です。

 

 

いろんな肩こりパターンを施術していくことで技術がさらに上達しやすくなります。

 

 

 

整体院を専門特化して独立開業を成功させる3つのデメリット

 

 

 

1、専門特化した症状以外は誰も来ない

 

 

肩こり専門で特化した場合、腰痛のクライアントは来ない・・・

 

 

このような疑問が出てきます。

 

 

もちろん、肩こりのクライアントが増えていきます。

 

 

実際に、現場研修をされた方はわかりますが専門特化した症状以外の人も来院されますし、肩こりで来院された方が

 

 

『先生、実は腰も痛いんですが・・・』

と他の症状を訴えるケースも多いです。

 

 

2、専門特化した内容の知識と技術レベルを上げておかないといけない

 

 

専門特化すると、その症状で本気で悩んでいる方が来院されますのでクライアントの期待値がかなり上がります。

 

 

☑どこに行っても良くならなかった

☑病院でも診てもらったが原因がわからない

 

 

重症のクライアントが多く来院されるのでその特化した症状に自信がないとクライアントの期待を裏切ることになりかねません。

 

 

さらに、今ではクライアント自身もインターネットで自分の症状を詳しく調べることができます。

 

 

普通の整体の先生よりも深い知識と技術を持ち合わせておく必要があるわけです。

 

 

3、専門特化する症状を選ばないといけない

 

 

専門特化する症状をどれにするか?

 

 

技術をたくさん修得してもターゲットを絞るなら、1つに決めないといけません。

 

 

一度、専門特化すると、その症状に対してずっと取り組んでいかないといけません。

 

 

整体院を専門特化して独立開業を成功させるメリットとデメリットとお話しさせていただきましたが、いかがでしたか?

 

 

学校は卒業して開業してからがスタートラインです。

 

 

修得した技術をどのように使うかによって開業が上手くいくかどうか決まるといっても過言ではありません。

 

 

専門特化はあなたの得意な技術で勝負するから、ライバルに勝てる確率も上がるわけです。

 

 

あなたの得意分野は何でしょうか。

 

 

アドバンスで知識と技術の幅を広げてみませんか?