掲示板

資料請求・説明会に申し込む

肩コリの3つの原因


肩こり 施術方法肩コリの3つの原因ってご存知ですか?

 

肩コリの原因を知っておくだけで、施術方法がわかってきますので

よかったら参考にしてください。

 

では、肩コリの3つの原因を紹介します。

 

 

1、筋肉が疲れている

 

 

1日中のデスクワーク、長時間の運転で肩コリを強く感じたという経験はありませんか?

 

そんな時、筋肉の中では酸素が不足し、乳酸等が作られています。

 

すると筋肉は硬くなり、コリやだるさを感じます。

 

つまり、同じ姿勢を続けたり、特定の筋肉ばかり使い続けることが、コリの原因の1つです。

 

 

2、血行不良

 

 

入浴やマッサージで肩コリが楽になることはありませんか?

 

血のめぐりが良くなると肩こりも改善されるのです。

 

このような肩コリの原因としては、血行不良が考えられます。

 

疲れて硬くなった筋肉が近くを通る血管を圧迫し、血のめぐりを悪くしてしまいます。

 

すると筋肉の中に発生した乳酸等が流れていかず、筋肉内にたまってしまいます。

 

また、筋肉に運ばれる酸素の量も減り、さらに乳酸が作られ、筋肉が硬くなります。

 

そうすると、ますますコリを感じるようになります。

 

 

3、末梢神経が傷ついている

 

 

もんでもよくならない、ジーンとする、いつも同じところがこる、そんな経験はありませんか?

 

そのようなコリの原因には末梢神経の傷が考えられます。

 

疲れて硬くなった筋肉や、たまった乳酸等の刺激によって、

近くを通る末梢神経は圧迫されたり、傷ついたりします。

 

末梢神経は、それ自体が痛みやしびれを脳に伝える神経であるため、

圧迫されたり傷つくと、その場所がジーンとしたり、違和感が生まれたりします。

 

それがコリや痛みとして感じられます。

 

以上が肩コリの3つの原因です。

 

疲労しているときは疲労をとるように、血流が悪いときは良くするように、末梢神経が傷ついているときは更に傷をつけないように・・・

 

肩コリで悩む人は多いので、参考にしてください。